業務案内

HOME > 業務案内 > 試験研究業績ー過去10年間

論文・著書・報告 および 学会発表・講演・セミナー(過去10年間)

論文・著書・報告

  • Fusako Mitsunaga, Shin Nakamura, Motofumi Ohki: Practical use of Acoustic Rhinometry for Quantitative Assessment of Nasal Obstruction in an Allergic Model Using Macaque Monkey.Journal of Biosciences and Medicines (JBM),2017,Vol.5,No.11 25-32 (2017).
  • Fusako Mitsunaga, Masakazu Umezawa, Ken Takeda, Shin Nakamura: Maternal administration of nanomaterials elicits hemoglobin upregulation in the neonatal brain of non-human primates. The Journal of Toxicological Sciences 41-2: 265-271 (2016).
  • Shigeo Nakayama, Fusako Mitsunaga, Akira Maeda, Shin Nakamura: Effect of a Natural Inulin-containing Product, "Kikuimo Extract” on Intestinal Microbes and Gene Expression in the Liver an Adipose Tissue of Menopausal Monkeys. Food and Nutrition Sciences 7: 752-762 (2016).
  • Masaki Shintani, Fusako Mitsunaga, Shun Shimabukuro, Shin Nakamura: Anti-Inflammatory and Immunostimulatory Effects of Extract from Culture of Effective Microorganisms (ECEM) Revealed by Functional Genomics and Metabolome Analyses . Food and Nutrition Sciences 6: 1115-1125 (2015).
  • Soo-Wan Chae, Fusako Mitsunaga, Su-Jin Jung, Ki-Chan Ha, Hong-Sig Sin, Seung-Hwan Jang, Shin Nakamura: Mechanisms Underlying the Antifatigue Effects of the Mycelium Extract of Cordyceps (Paecilomyces hepiali, CBG-CS-2) in Mice in the Forced Swimming Test. Food and Nutrition Sciences 6: 287-298 (2015).
  • 光永総子,中村 伸: 機能性・健康食品の効能・安全性に関するニュートリゲノミクス試験(前臨床試験)in「機能性食品表示への科学的なデータの取り方と 表示出来る許容範囲」。 株式会社 技術情報協会。pp 99-107 (2015).
  • Soo-Wan Chae, Fusako Mitsunaga, Su-Jin Jung, Ki-Chan Ha, Hong-Sig Sin, Seung-Hwan Jang, Shin Nakamura: Nutrigenomic Study on Immunomodulatory Function of Cordyceps Mycelium Extract (Paecilomyces hepiali) in Mitomycin C–Treated Mice. Food and Nutrition Sciences 6: 2217-2224 (2014).
  • 中村 伸: ナノマテリアルの健康影響の評価手法に関する総合研究:霊長類に対するナノマテリアルの影響評価、厚生労働科学研究費補助金・化学物質リスク研究事業(研究代表 武田 健)、平成20~22年度研究報告書 (2010).
  • Mitsunaga F, Ueiwa M, Kamanaka Y, Morimoto M, Nakamura S: Fetal sex determination of macaque monkeys by a nested PCR using maternal plasma. Exp. Anim. 59: 255-260 (2010).
  • 中村 伸: サルにも花粉症はあるの? 新しい霊長類学?人を深く知るための100問100答。(京都大学霊長類研究所編、講談社ブルーバックス B-1661 ) pp 238-243 (2009).
  • 光永総子、中村 伸: サルモデルを用いた機能食品の評価試験。FFIジャーナル 213:719-726 (2008).
  • 光永総子、中村 伸: サルのBウイルスって何? 新しい霊長類学ー人を深く知るための100問100答。 (京都大学霊長類研究所編、講談社ブルーバックス B-1661 ) pp 250-254 (2008).
  • Jeong AR, Nakamura S, Mitsunaga F: Gene expression profile of Th1 and Th2 cytokines and their receptors in human and nonhuman primates. J. Med. Primatol. 37:290-296 (2008).

学会発表・講演・セミナー

  • 中村 伸 : 能性食品開発における非臨床試験の新展開〜メタボローム解析と腸内環境評価〜。食品開発展2017出展社プレゼンテーション。Hi/FiT/S-tec 2017/ 。(2017/10月・東京).
  • 光永総子、中村伸、大木幹文 : サルアレルギーモデルにおける音響鼻腔測定装置の活用:鼻閉定量化による薬効評価系の確立。第66回日本アレルギー学会学術大会。(2017/6月・東京).
  • 中村 伸 : 機能性食品開発における非臨床試験の活用法。第22回 国際食品素材/添加物展・会議出展社セミナー。第22回 国際食品素材/添加物展・会議。(2017/5月・東京).
  • 中村 伸、光永総子、原 健二郎、和田 正 : イヌリンによる非アルコール性脂肪肝疾患 (NAFLD)の改善作用及びその作用機序のgenomic解析。第14回日本機能性食品医用学会。(2016/12月・東京).
  • 中村 伸:機能性食品開発に向けた非臨床試験のポイント:作用メカニズム解析及び論文・知財化。食品開発展2016出展社プレゼンテーション。Hi/S-tec2016/ 食品開発2016 (10月5日~7日、東京ビッグサイト)。(2016/10月・東京).
  • Soo-Wan Chae, Fusako Mitsunaga, Su-Jin Jung, Ki-Chan Ha, Hong-Sig Sin, Seung-Hwan Jang, Shin Nakamura (中村:発表者,招待口頭発表): Nutrigenomic Study on Immunomodulatory and Antifatigue Effects of the Mycelium Extract of Cordyceps (Paecilomyces hepiali, CBG-CS-2) in Mice. 8th Conference and Exhibition of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (Sept. 2015, Wuxi, China).
  • Shigeo Nakayama, Fusako Mitsunaga, Akira Maeda, and Shin Nakamura (中村:発表者,ポスタ-発表): Genomics Evidences on in vivo Effect of a Natural Inulin-containing Product, "Kikuimo- extract” : Actions on Intestinal Microbes, Liver and Adipose Tissue in Menopause Monkeys. 8th Conference and Exhibition of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (Sept. 2015, Wuxi, China).
  • Shin Nakamura and Fusako Mitsunaga (中村:発表者,ポスタ-発表): Functional Genomics on Efficacy and Safety of Functional Foods, Traditional Medicines, Their Derivative, and New-produced Compounds (Nano Materials) in Both of in vitro and in vivo Preclinical Studies. 8th Conference and Exhibition of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (Sept. 2015, Wuxi, China).
  • 光永総子、磯和弘一、松浦正樹、中村 伸: アトピー性皮膚炎マウス薬効評価系におけるマーカー:DNAマイクロアレイ/トランスクリプトミクス解析。第60回日本実験動物学会総会。(2013/5月・つくば).
  • 光永総子、中村 伸、磯和弘一、松浦正樹: アトピー性皮膚炎モデル NC/Ngaマウス病態における網羅的遺伝子発現解析。第59回日本実験動物学会総会。(2012/5月・別府).
  • 光永総子、磯和弘一、松浦正樹、中村 伸: NC/Ngaマウスアトピー性皮膚炎(AD)モデルにおけるトランスクリプトミクス解析。第62回日本アレルギー学会秋季学術大会。(2012/12月・大阪).
  • Nakamura S., Mitsunaga F., Sugamata M., Isowa K., and Takeda K.: Induction of Allergic Chemokines, CCL18 and Chitinase 1, by Nanomaterials in a Monkey Model, 第62回日本アレルギー学会秋季学術大会。(2012/11月・大阪).
  • 中村 伸、光永総子、伊藤久富、位上健太郎、下条洋輔、野渕 翠、宮崎寿次、柏田良樹、高石 喜久: 発酵薬用人参のアセトアミノフェン肝臓障害予防・緩和作用:DNAチップを用いた分子機序解析。第14回日本補完代替医療学会学術集会 (2011/11月・金沢).
  • 中村 伸、光永総子: サルモデルを用いた機能性食品のゲノミクス評価。第4回食品薬学シンポジウム (2011/10月・東京).
  • 中村 伸: サルモデルでのゲノミクス安全性 (生体影響)評価試験。安全性評価研究会2011八ヶ岳フォーラム(2011/8月・諏訪郡原村).
  • 光永総子、中村 伸: マカクザル自然発症2型糖尿病における白血球ゲノミクス解析。第58回日本実験動物学会総会 (2011 /5月・東京).
  • 中村 伸、光永総子: オスアカゲザル・ニホンザルのチトクロームp450群の遺伝子発現変動とテストステロン。第58回日本実験動物学会総会 (2011 /5月・東京).
  • 中村 伸、光永総子: サルモデルでのゲノミクス評価試験の意義。第37回日本実験動物技術者協会東海支部総会 (2011 /4月・名古屋).
  • 中村 伸、光永総子: サルモデルでの機能性食品・漢方薬のゲノミクス評価試験。第13回日本補完代替医療学会学術集会 (2010 /12月・東京).
  • Nakamura S, Mitsunaga F: Genomics Assessment of Functional Food and Traditional Drug using Monkey Model. the 4th AFLAS Congress Meeting (Nov. 2010, Taipei).
  • Nakamura S, Mitsunaga F, Ueiwa M, Sugamata M, Isowa K, Takeda K: Genomics Assessment of Nanomaterials in Monkeys : Effect in Alteration of Macrophage Function and Immune System. the 4th AFLAS Congress Meeting (Nov. 2010, Taipei).
  • Nakamura S, Mitsunaga F, Ueiwa M, Sugamata M, Takeda K: Effect of Nanomaterials to Immune System in Monkeys: Potent Induction of Alternatively Activated Macrophages. 14th International Congress of Immunology (Aug. 2010, Kobe).
  • 光永総子、中村 伸、中村紳一朗、山手丈至: ニホンザル自然発症II型糖尿病の分子病理学的・ゲノミクス解析。第57回日本実験動物学会総会 (2010 /5月・京都).
  • 光永総子、中村 伸、上岩美幸、釜中慶朗、森本真弓: Nest PCRによるマカクザル胎仔性別判定法の確立とその応用。第57回日本実験動物学会総会 (2010 /5月・京都).
  • Nakamura S, Mitsunaga F, Goto H: Genomics Study on Action of an Oriental Medicine, TokiShakuyaku-San, Using Monkey Model. The 15th International congress of Oriental Medicine (Feb. 2010, Chiba).
  • 中村 伸、光永総子、後藤博三: 当帰芍薬散の効果:サルモデルでのゲノミクス評価試験。第12回日本補完代替医療学会学術集会 (2009 /11月・高野山).
  • Bウイルス ミニシンポジウム。京都大学霊長類研究所共同利用研究会 (2009 /10月・犬山) 企画・後援.
  • 光永総子、中村 伸、上岩美幸: 細菌DNAリアルタイムPCR法を用いた霊長類腸内細菌叢プロファイリング。第56回日本実験動物学会総会 (2009 /5月・さいたま).
  • 霊長類モデルでのバイオメディカル研究。京都大学霊長類研究所共同利用研究会 (2009 /2月・ 犬山) 企画・後援.
  • 中村 伸、光永総子、中村諭香、甲田 彰、関 あずさ、中村繁雄: イヌリンの体調機能:サルモデルでのゲノミクス評価試験。第11回日本補完代替医療学会学術集会 (2008 /11月・横浜).
  • 中村 伸: サルのアレルギーモデルとその応用。プロジェクト創出研究会 (2008/10月・各務原).
  • Nakamura S, Mitsunaga F, Goto H: Genomics study on efficacy of an oriental medicine, Toki-Shakuyaku, using monkey model. the 3rd AFLAS Congress (Sept. 2008, Beijing).
  • 中村 伸、光永総子、中村諭香、甲田 彰、関 あずさ、中村繁雄: サル閉経モデルを用いたイヌリンの体調機能評価試験。第55回日本実験動物学会総会 (2008/5月・仙台).
  • 光永総子、中村 伸: マカクザルにおけるBウイルス感染の特色。第55回日本実験動物学会総会 (2008/5月・仙台).

TOP