業務案内

HOME > 業務案内 > 試験研究業績ー過去10年以前

論文・著書・報告 および 学会発表・講演・セミナー(過去10年以前)

論文・著書・報告

  • Mitsunaga F, Nakamura S, Hayashi T, Eberle R: Changes in the titer of anti-B virus antibody in captive macaques (Macaca fuscata, M. mulatta, M. fascicularis). Comp. Med. 57:120-124 (2007).
  • 中村伸: 2006。サルのアレルギーモデルの特徴、アレルギー・免疫。13: 64-73
  • 光永総子、中村 伸: 2006。霊長類を用いた胎仔遺伝子導入、サルとヒヒを用いた心・肺移植と遺伝子導入法。(川内基裕編、日本医学館) : pp73-80.
  • 光永総子、藤本浩二、中村 伸。2004。Bウイルス (Cercopithecine Herpesvirus 1) 感染の予防、緊急対応および治療に関するガイドライン。霊長類研究 20:147-164.
  • Hirano M, Nakamura S, Mitsunaga F, Okada M, Shimuzu K, Imamura T: 2002. Transfer of maternally administered fusogenic liposome-DNA complexes into monkey fetuses in a pregnancy model. J Gene Med 4:560-566.
  • Hirano M, Nakamura S, Mitsunaga F, Okada M, Shirahama S, Eberle R: 2002. One-step PCR to distinguish B virus from related primate alphaherpesviruses. Clin Diagn Lab Immunol 9:716-719.
  • Nakamura, S., Hirano, M., Mitsunaga, F., Okada, M: 2002. Current progress in monkey B virus (BV) studies: One-Step PCR for BV diagnosis and gene-based vaccine against BV infection. Recent Res. Devel. Microbiology. 6: 223-237.
  • 光永総子、平野 真、清水慶子、今村隆寿、中村 伸: 2001。総説 霊長類胎盤構造の特徴:遺伝子治療薬剤の胎盤通過の視点から。 霊長類研究 17: 51-61.
  • 中村 伸: サルモデルにおけるベクターの安全性・有効性の評価実験系の開発。(H10-ゲノム-016) 厚生科学研究費補助金・ヒトゲノム・遺伝子治療研究事業(研究代表 中村 伸)平成10・11年度研究報告書。

学会発表・講演・セミナー

  • 中村 伸、光永総子、中村諭香、甲田 彰、関 あずさ、中村繁雄: イヌリンの閉経性機能障害改善作用の評価:サル閉経モデルでのゲノム・バイオメディカル試験。第10回日本補完代替医療学会学術集会 (2007/11月・福岡).
  • 光永総子、中村 伸、林 隆志、Eberle R: 抗Bウイルス(BV)抗体価の変動を指標にしたBV再活性化のモニタリング。第23回日本霊長類学会大会 (2007/7月・彦根).
  • 光永総子、中村 伸、林 隆志、Eberle R: ストレスに伴うマカクザルBウイルス(BV)再活性化:抗BV抗体価を指標にしたモニタリング。第54回日本実験動物学会総会 (2007/5月・東京).
  • 中村 伸、光永総子、出井早苗、西濱啓一郎、板垣伊織、山手丈至: 霊長類がんの分子病理解析:ニホンザル自然発症がんの網羅的・定量的遺伝子発現プロファイリング。第54回日本実験動物学会総会 (2007/5月・東京).
  • 光永総子、中村伸、林隆志、Eberle R: 2006。飼育下マカクザルのストレスに伴う抗Bウイルス抗体価上昇。予防衛生協会セミナー (2006 / 12月・つくば).
  • 中村伸、光永総子、出井早苗、西濱啓一郎、板垣伊織、山手丈至: 2006。遺伝子発現プロファイルによるニホンザル自然発症がんの分子病理解析。予防衛生協会セミナー (2006 / 12月・つくば).
  • 中村伸、光永総子、出井早苗、橋本寛之、林隆志: 2006。閉経サルモデルにおけるダイズ機能成分のゲノム評価試験。第9回日本補完代替医療学会 (2006/ 10月・大阪).
  • Nakamura, S., Mitsunaga, F., Yamauchi, H., Jeong, A., Hashimoto, H., Hayashi, T: 2006. Beta-Conglycinin in Traditional Health Food, Soy Bean, Studies on Efficacy of OVX-Monkey Model. 2nd AFLAS Congress (Aug. 2006, Jeju, ).
  • 光永総子、中村伸: 2006。ニホンザルにおけるBウイルスの自然感染率。第22回日本霊長類学会 (2006/ 7月・大阪)
  • 光永総子、中村伸: 2006。ニホンザル野生・餌付け群におけるBウイルスおよびサイトメガロウイルス感染率。第53回日本実験動物学会総会 (2006/ 5月・神戸)
  • Nakamura, S., Mitsunaga F., Yamauchi H., Hashimoto H., Hayashi T., Gabriel J: 2006. Studies on Efficacy of Functional Components in the Traditional Health Food, Soy Bean, Using OVX-Postmenopausal Monkey Model. 2nd Research Conference of Korean Society for Primatology (Jan. 2006, Ochang, Korea)
  • 中村伸、光永総子、山内英典、Joeng A-Ram、橋本寛之、林 隆志: 2005。霊長類モデルを活用した機能性食品(ダイズ食品・成分)の体調作用の評価および有効成分の特定。第8回日本補完代替医療学会 (2005/ 11月・東京)
  • 光永総子、中村 伸: 2005。サルBウィルス(BV)の glycoprotein D C末端ペプチドを抗原とするBV特異的抗体測定ELISA法の展開。第21回日本霊長類学会 (2005/ 7月・倉敷)
  • 中村伸、光永総子、西濱啓一郎: 2005。DNAマイクロアレイを活用した網羅的な霊長類機能遺伝子発現プロファイリング。第21回日本霊長類学会 (2005/ 7月・倉敷)
  • 光永総子、中村 伸: 2005。サルBウィルス特異的抗体測定法 (BV glycoprotein D-C末端ペプチドELISA)の確立及びその応用. 第52回日本実験動物学会 (2005/ 5月・東京).
  • Mitsunaga, F., Nakamura, S: 2005. B Virus (BV) Specific ELISA using C-Terminal Peptide from BV Glycoprotein D (BV-gD-C-P): Prevalence of BV-gD-C-P Specific Antibodies among BV Positive Macaques. International COE Symposium (Mar. 2005, Inuyama).
  • 中村伸、光永総子、西濱啓一郎: 2005。実験用霊長類の機能遺伝子の網羅的発現プロファイリング:ヒトDNAマイクロアレイ(CodeLink 20K)を活用した解析。第52回日本実験動物学会 (2005/ 5月・東京)
  • 中村伸、光永総子、西濱啓一郎: 2005。実験用霊長類の機能遺伝子の網羅的発現プロファイリング:ヒトDNAマイクロアレイ(CodeLink 20K)を活用した解析。第52回日本実験動物学会 (2005/ 5月・東京)
  • 光永総子、藤本浩二、中村伸: 2004。サルBウィルス(BV)glycoprotein DのC末端ペプチドを捕捉抗原とするBV特異的抗体測定ELISA法の確立。第19回ヘルペスウイルス研究会(2004/ 6月・大府)
  • 中村伸、光永総子、山内英典、岡田真紀、ARam Joeng、林隆志、Rosario M. Perez、Romualdo L. Carrasco、中川博司: 2004。サル高脂血症/動脈硬化モデルを用いたダイス成分の代替医療作用の分子病態生理学的解析。第51回日本実験動物学会(2004/ 5月・長崎)
  • 光永総子、藤本浩二、中村伸。2004: サルBウィルス(BV)特異的抗体測定法の確立:BV glycoprotein DのC末端ペプチドを用いたELISA。第51回日本実験動物学会(2004/ 5月・長崎)
  • Mitsunaga, F., Nakamura, S., Miwa, N., Hayashi, T., Miranda, N. L. J, Cho, F., Eberle R.: 2002. Improved HVP2-ELISA:Its use for sero-monitoring of B virus SPF monkeys. Recent progress in the research on monkey B virus and related primate alpha-herpesviruses. XIXth Congress of the International Primatology Society. (Aug. 2002, Beijing)
  • Nakamura, S., Hirano, M., Mitsunaga, F., Okada, M., Shimizu, K., Eberle, R.: 2002. Development of B Virus DNA Vaccine in Monkey Model, Recent progress in the research on monkey B virus and related primate alpha-herpesviruses. XIXth Congress of the International Primatology Society. (Aug. 2002, Beijing)
  • Nakamura, S., Hirano M., Mitsunaga F., Shimizu K., Imamura, T.: 2002. Transfer of Maternally Administrated Liposome DNA Complex into Fetus in a the Japanese Society of Gene Therapy. (Jul. 2002, Tokyo)
  • Pregnant Primate Model. The 8th Annual Meeting of
  • 中村伸、平野真、光永総子、岡田真: 2002。サルBウイルスの特異的遺伝子診断法。第17回ヘルペス研究会 (2002/ 6月・東京)
  • Nakamura, S., Hirano M., Mitsunaga F.: 2002. Gene-Based Vaccine: Development of DNA Vaccine to B Virus using Monkey Model. 5th Australia/Japan Symposium on Drug Design and Development. (May. 2002, Nara) Proceedings: 27-32.
  • 中村伸、光永総子: 2002。Bウイルスに対する遺伝子ワクチン:サルモデル系での成績。第49回日本実験動物学会(2002/ 5月・名古屋)
  • 光永総子、中村伸: 2002。改良HVP2-ELISA:BウイルスSPFモニタリングへの活用および他の霊長類αヘルペスウィルス抗体との交叉性。第49回日本実験動物学会(2002/ 5月・名古屋)
  • 中村伸、光永総子: 2002。Bウイルスに対する遺伝子ワクチン:サルモデル系での成績。第49回日本実験動物学会(2002/ 5月・名古屋)

TOP